おのの映画とモトGP blog

映画やモトGPを好き勝手やる😃

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No97 生きてこそ

どもども、おのです😆

 

今日は1993年(米)フランク・マーシャル監督の生きてこそを好き勝手書いちゃいます😄

この映画は1972年10月13日に起きたウルグアイ空軍機571便がアンデス山脈にて墜落事故に遭遇した時の実話である。

この571便にはステジャ・マリス学園のラグビーチームとその家族を乗せチリで行われる試合に参加する為アンデス山脈を越えようとしていた。

しかし悪天候により視界が遮られたままの状態でチリの管制塔に誘導を仰ぐと、管制官は既に山脈は超えていると誤った誘導をしてしまう。

これによりアンデス山脈の高度4200㍍地点に激突、機体は2つに分かれ機体前部は滑落。

気を失っていたラグビー部のキャプテンのアントニオ・バルビ(ヴィンセント・スパーノ)は医学生のロベルト・カノッサ(ジョシュ・ハミルトン)等と負傷者の応急処置をする。

極寒の中、機体の無線も使えず、取り敢えずこの場所で救助隊の到着を待つしか無い。

数日が経ち、生存者達の体力もどんどん衰えてゆく。

とにかく食べ物を口にしない事には餓死してしまうが、食べる物が無い。

選手たちは9日目に全員で人の肉を口にするか否か話し合う。

選手達は10日目にいよいよ禁断の肉を口にする、、😅

 

「そんな事をするくらいなら天国に行く事を選ぶ」と言う人も居ると思います。

しかし16人の命が無事に生還したのだから、全滅する事を考えればおの的には正しい選択だったかと思います。

 

 

 

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No96 カッコーの巣の上で

どもども、おのです😆

 

今日は1975年(米)ミロス・フォアマン監督カッコーの巣の上でを好き勝手書いちゃいます。

ランドル・パトリック・マクマーフィー(ジャック・ニコルソン)は刑務所の労働から逃れる為に精神に異常をきたした事を装いこの精神病院に入る。

なんだかんだ言っても詐病なので、向精神薬等は飲んだふりしてます😄

この支配的な病院のやり方に不満を持つランドルは、何かにつけて病院のやり方に反抗するも、患者達の中にはこのままの治療を望む者も多い。

だが、彼と生活を共にするうち、保守的だった患者達も次第に心を開き賛同する様になっていく。

患者達と良い感じになり親しくなるにつれ、ランドルの行動はエスカレート。

次から次へと羽目を外した行動に婦長さんは御立腹。

それでもランドルの行為は止まらない😄

クリスマスの夜には友達の女も読んでハチャメチャな乱痴気騒ぎ、、😅

入院患者のビリーに女をあてがい、自分はうっかり寝込んでしまい、この乱痴気パーティーが発覚。

ランドルはいつもの様にこってり絞られ、一方ビリーは婦長に女の子との行為を母親に伝えると言われ、それを苦に自ら命を絶ってしまう。

それを聞いたランドルは激怒し婦長の首を絞めてしまい、このあまりにも行き過ぎた行為に病院は爆発性精神病質と診断、前頭葉白質切術”ロボトミー”を施術され、ランドルは廃人同様となってしまう。

 

人間は意思を持ち色々な考え方がある。

ドクターと呼ばれる人間が、同じ人間を治療の名の下、脳にメスを入れ個人の全てを奪い去るなんてのはどうかと思う。

昔はこんな事が実際に行われていたんだから恐ろしいです、、😅

 

ブルーレイはこちら

 

 

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No95 アザーズ

いきなり中古のCBR250買いました、、ども、おのです😆

 

今日は2001年(米・西・仏)アレハンドロ・アメナーブル監督のアザーズを好き勝手書いちゃいます。

舞台はチャネル諸島ジャージー島にある大きなお屋敷。

このお城みたいなお屋敷の主人であるチャールズ(クリストファー・エクルストン)は出征の為長期に渡り不在。

妻のグレース(ニコール・キッドマン)は夫の身を案じながらも娘のアン(アラキナ・マン)と弟のニコラス(ジェームズ・ベントレー)の3人でこの広大な土地のお屋敷で暮らし久しい。

ある日使用人だという3人がこの屋敷を訪れ、我々を雇って欲しいと提案するような感じで申し入れてくる。

取り敢えずグレースはやや高飛車気味に😅これを受け入れ、3人は屋敷で働く事に成る。

屋敷の全ての窓には分厚いカーテンが有りこれを開ける事は絶対に許さないグレースだが、子供が色素性乾皮症という病を患っており、紫外線が有害な為、太陽光には異常な程過敏になっているのだ。

ある日の子供部屋でグレースがしっかりとカーテンを閉めてからリビングに居ると子供の悲鳴が、、😅

慌てて子供部屋に駆け付けるグレース。なんとさっき閉めた筈のカーテンが何者かによって全開にされている。

慌ててカーテンを閉め、使用人達を呼び、誰がカーテンを開けたのかぶち切れしながら問い質すも、3人は知らぬ存ぜぬだ。

他の部屋から物音や話し声等、色々不思議な事が起こりだす。

 

3人の使用人達は何かを隠しており、何やら意味深な会話をし、観ている側も3人が何かを企んでいると思わせる演出。

カーテンを開けたのは使用人の誰かだってまんまと思ってしまいましたー😅

最後はなるほどねってエンディングでした😄

ニコール・キッドマン美人です😄

 

 

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No94 フィールド・オブ・ドリームス

ニッキー・ヘイデンが亡くなって3年も経つんですね、偉大なる元世界チャンピオンに改めてご冥福をお祈りします。

ども、おのです🙏

 

今日は1989年(米)フィル・アルデン・ロビンソン監督

フィールド・オブ・ドリームスを好き勝手書いちゃいます😄

レイ・キンセラ(ケビン・コスナー)はアイオワ州でトウモロコシ畑でカツカツの生計を立て頑張る農民である。

ある日レイはトウモロコシ畑で何処からとも無く「それを造れば彼が来る」という言葉を耳にする。

何故かレイはその言葉に導かれる様にトウモロコシ畑の一部を野球場にする。

近所からの反応は冷ややかであったが、レイは気にせず自分の意志に従い、いつもグラウンドを眺める。

暫くすると、背の高いトウモロコシ畑の間から彼は現れた。

なんと、かつてブラック・ソックス事件で球界から永久追放されたシューレス・ジョーこと、ジョー・ジャクソン(レイ・リオッタ)だった。

彼に導かれる様に球界を追放された選手達が次から次へと姿を現す。

 

ブラック・ソックス事件裁判で八百長疑惑を認め、裁判所から出て来たジョーに彼の大ファンの少年が「本当じゃないよね?ジョー?」と尋ねた時とオーバーラップされ、本当に心が震えてしまった、、😂

スポーツ好きの国のベースボールを愛する心が本当に伝わって来る映画です😭

 

 ブルーレイはこちら

 

 

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No93 シェーン

どもども、おのです😆

 

今日は1953年(米)ジョージ・スティーブンス監督のシェーンを好き勝手書いちゃいます😄

物語はシェーン(アラン・ラッド)が農民であるマリアン・スターレット(ジーン・アーサー)の土地を横切る所から始まる。

大自然の中をゆったりと馬に跨り、実にのんびりとした良いシーンだ。

シェーンがスターレットと雑談しながら水なんぞ御馳走になっているともともと牧畜業を営んでいたルーフ・ライカー(エミール・メイヤー)が現れ「冬までに出て行け」と通告しに来る。

傍で聞いていただけのシェーンだが、そこに居るだけでルーフはシェーンの只ならぬ気配を察知したのであろう、あっさりと帰って行く。

スターレットと意気投合したシェーンは雇われ労働者として暫く此処に留まる事にした。

南北戦争アメリカ政府は積極的に開拓を進めるにあたり、5年間耕作する事により無償で土地の権利を得られるという法律が作られた。

そいで、劇中の土地では新規開墾参入者達が腰を据えようと必死になって働き始めるも、そこには彼らが開墾するずっと前からこの土地で牧畜業を営む牧場主が居て、勿論土地の権利を主張する。

方や前住人の牧場主、方や法律に従い開墾を進める農民。この双方の主張は口論から殴り合いに、さらにエスカレートし、やがて命のやり取りにまで発展する、、😅

 

劇中、牧場主のライカーは悪者扱いだが、元々この土地で平和に牧畜業を営んでいたのにどこからともなく突然新規参入者達がやって来て自分の縄張りをどんどん荒らされていくって感覚だと思います、、、😅

 

 

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No92 アンドリュー

どもども、おのです😆

 

今日は1999年(米)クリス・コロンバス監督のアンドリューを好き勝手書いちゃいます😄

NDR114(ロビン・ウィリアムズ)はノーザム・ロボティクス社製の人型家事ロボットだ。

彼はリチャード・マーティン(サム・ニール)家に買われ、家事を忠実にこなす事になる。

リチャードは彼にアンドリューと名付け、人として接する様に家族に約束させ、言葉や色々な知識、技術をも身に付けさせ、生身の者と遜色無い人間を造り上げる。

木工技術を身に付けた彼の製品は高値で売れる様になり、主人のリチャードはアンドリュー名義の口座に販売利益を貯蓄する様にした。

月日は流れ、リチャードやその家族も老いていき、様々な知識を得たアンドリューは自由に憧れ、所有者であるリチャードに自身を買い取りたいと申し出るのだが、リチャードは自我を持ったアンドリューへの同情から怒って見せ背を向けながら「何処へでも行って好きにしろお前は自由だ」と言ってあげる。

何処へ行くのかと思えば隣に住んでるじゃんかー、、😅

 

色々と考えさせられる映画である。

出逢いには別れが有るが、アンドリューは人間で言うと超長寿になる。

彼が大事に思っている人との別れ、その最後は必ず命が尽きる時なので、確かにこんな何世代も信頼する人達を見送っていくなんて、こんなに辛い事は無いであろう。

プログラミング以外に知識や感情を手に入れた者は信頼する人に見送られ、その生涯を閉じる事が最良だと判断するのだと思う。

当然だ。家族に囲まれ惜しまれながら最後を迎えられればそれだけで最高の人生であったと言えると思う。

 

 

motoGPについて好き勝手書いちゃいます(^^♪No45 フランス ブガッティ・サーキット決勝

どもども、おのです😆

 

今日はフランスGP決勝が行われました。その結果いってみたいと思います😄

1 93 マルク・マルケス               レプソルHONDA RC213V

2 04 アンドレア・ドヴィチオーゾ      ドゥカティ デスモセディチGP19 

3 09 ダニロ・ペトルッチ           ドゥカティ デスモセディチGP19

4 43 ジャック・ミラー          プラマック デスモセディチGP19

5 46 バレンティーノ・ロッシ         モンスターYAMAHA YZR-M1

6 44 ポル・エスパルガロ              レッドブルファクトリーKTM

7 21 フランコ・モルビデリ            PETRONASYAMAHA YZR-M1

8 20 ファビオ・クァトハッホ           PETRONASYAMAHA YZR-M1

9 35 カル・クラッチロー                 LCRHONDA RC213V

10 42 アレックス・リンス            エクスターSUZUKI GSX-RR

11 99 ホルヘ・ロレンソ               レプソルHONDA RC213V

12 41 アレイシ・エスパルガロ                            アプリリア

13 05 ヨハン・ザルコ               レッドブルテック3KTM

14 55 ハフィツ・シャーリン            レッドブルテック3KTM

15 88 ミゲル・オリベーラ              レッドブルファクトリーKTM

16 18 36 ジョアン・ミル                   エクスターSUZUKI GSX-RR

OUT30 中上貴晶                   LCRHONDA RC213V

OUT29 アンドレア・イアンノーネ                  アプリリア

OUT12 マーヴェリック・ヴィニャーレス     モンスターYAMAHA YZR-M1

OUT63 フランシスコ・バニャイア プラマックドゥカティ デスモセディチGP18

OUT53 ティト・ラバト  アヴィンシア   ドゥカティ デスモセディチGP17

失格17 カレル・アブラハム アヴィンシア  ドゥカティ デスモセディチGP18

 

以上の様な結果でした。

兄弟揃って優勝ってマルケス家は凄いですよね😄

しかしマルク・マルケスが強すぎてつまらんなあ、、😅

 マルケスを止めるのは弟のアレックスだったりして、、😅

次回は6月2日イタリヤGPムジェロサーキットですよ😄