おのの映画とモトGP blog

映画やモトGPを好き勝手やる😃

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No138 リベンジ・マッチ

どもども、おのです😆

 

今日は2013年(米)ピーター・シーガル監督のリベンジ・マッチを好き勝手書いちゃいます😄

元ボクシング世界チャンピオンのビリー・ザ・キッドマクドネン(ロバート・デ・ニーロ)は自身のボクシング・キャリアの中で唯一1敗を付けられた相手ヘンリー・レーザー・シャープ(シルベスター・スタローン)との再戦が叶わぬまま引退し30年の月日が経っていた。

当時タイトル・マッチの予定が組まれ、ビリーはその雪辱を晴らさんとしていたのだが、ヘンリーは試合前夜に突然引退し、正に勝ち逃げ状態で30年の間ずーっとモヤモヤをつのらせていたのだ😅

ヘンリーは試合前になると愛する者も何もかも世の中の全てをシャット・アウトし練習に集中する。

そんなヘンリーにもサリー・ローズ(キム・ベイシンガー)という最愛の彼女が居たのだが、彼女は一旦ボクシングに集中すると何も見えないヘンリーに不満爆発!!

若気の至り、ローズは自分が深く傷付いた分ヘンリーも傷付けてやりたいと考え取った行動が、なんと対戦相手のキッドと付き合うという暴挙に出る。

そしてお互い音信不通のまま30年の付き日が流れ、何故か再戦の話が持ち上がった、、😅

キッドは一敗の汚名を再戦を熱望し、ヘンリーは金の為に動く。

試合が決まった二人はその日の為に現役さながらの練習に打ち込み身体を作っていく。

勝敗の行方や如何に?

 

結構な年のお二人ですが、映画とは言え良くそこまで体が動くもんだと感心しながら観てました😄

 

 

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No137 A.I.

どもども、おのです😆

 

今日は2001年(米)スティーブン・スピルバーグ監督のA.I.を好き勝手書いちゃいます😄

モニカ・スウィントン(フランセス・オコナー)は夫のヘンリー・スウィントン(サム・ロバース)との間に不治の病により冷凍保存している息子のマーティン(ジェイク・トーマス)のいつとも分らぬ回復を待つ夫婦なのだが、ある日ロボット制作会社の社員であるヘンリーが妻へのサプライズでデイビッド(ハーレイ・ジョエル・オスメント)という少年型ロボットを持って帰宅する。

このロボットは電源を入れた者に愛情を注ぐ様にプログラミングされており、ヘンリーはモニカにデイビッドの電源を立ち上げさせた。

するとマーティンへの負い目なのか、始めは本物の人間そのもののデイビッドに困惑して避け、敬遠しようとしていたが、次第にデイビッドを可愛がり家族として認め生活の一部になりかけていた。

暫くするとそんなデイビッドが居る日常を打ち破る電話が鳴り響く。

電話の内容はなんと実の息子のマーティンが奇蹟的にも目を覚ましたというのだ。

この日から両親の愛情は当たり前だがマーティンに注がれる様になって行く。

ひた向きにモニカに愛情を向けるデイビッドだが、所詮ロボット。

プールでマーティンの命に係わる事件を起こし、モニカはデイビッドを森に置き去りにする事を決断する。

そこからデイビッドのモニカからの愛情を求める長い旅が始まるのだ。

 

この映画もかなり切ない、、😅

長い長い旅の後、最後の一日を最愛のモニカのクローンと共に過ごし一緒に眠りにつくのには考えさせられるものがある。

 

人の創り出した物は果たして”者”なのだろうか?

おの的には感情を併せ持てば”者”と認識しても良いと思う。

 

 

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No136 グリーン・マイル

どもども、おのです😆

 

今日は1996年(米)スティーブン・キング監督のグリーン・マイルを好き勝手書いちゃいます😄

舞台は刑務所、ここに勤める刑務官のポール・エッジコム(トム・ハンクス)の生涯って感じのお話。

1932年、ジョン・コフィー(マイケル・クラーク・ダンカン)という大男が幼女に乱暴し命を奪ったとして極刑を言い渡され電気椅子の有るこの刑務所に移されて来た。

タイトルのグリーン・マイルとは電気椅子に続く通路を罪人にも安らかな最後をと名付けられたものである。

この刑執行迄の期間、その責任者であるポールはコフィーの物腰や相手への気遣いや態度、傷付いた小動物や病気を治す特殊能力を持つ事を知り、心優しいこの男が果たしてそんな大それた犯罪を犯すのだろうか、と考える様になってくる。

心無い犯罪者による冤罪で心優しいこの男を失ってはならないと、何とか出来ない物かと思案するも一旦下った刑を覆えし無罪を証明する決定的な物が無い、、😅

最後は逃走を促すが、人々の苦痛や心の叫びを感じ取れる心優しいこの男は「人々の苦しみが聞こえるのには、もう我慢できねえです」と、自らの刑の執行を望む様になっていた、、😭

 

なんともやり切れませんなあ、、😭

このジョン・コフィー役のマイケル・クラーク・ダンカン氏は2012年9月3日に心筋梗塞によりその生涯を閉じています。

アルマゲドンで共演したブルース・ウィルスは彼の事を高く評価しており、スティーブン・キング監督にこの役を強く推したといいます。

マイケル・クラーク・ダンカン氏のご冥福を心よりお祈りします。

 
 

 

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No135 俺たちは天使じゃない

どもども、おのです😆

 

今日は1989年(米)ニール・ジョーダン監督の俺たちは天使じゃないを好き勝手書いちゃいます😄

作品の舞台は1935年のカナダ国境近くの刑務所。

冒頭、人の命を奪い電気椅子に座るボビー(ジェームズ・ルッソ)の刑の執行が始まろうとしている。

近くにたまたま居たネッド(ロバート・デニーロ)とジム(ショーン・ペン)に見せしめにする目的なのであろう、急に呼ばれこの刑の執行に立ち会う事に成ってしまう。

受刑者ボビーは頭の毛を全て刈られ丸坊主にされている。

そこに頭がすっぽり入る袋を被せられるのだが、最後迄ニヤニヤ。

その様子を恐れおののきながら覗くネッドとジムの様子がコミカルで笑いを誘う😄

その刹那銃声が響き渡る。

ボビーが隠し持っていた銃で刑務官に発砲、二人の命を奪い、そこに居て震え上がっているネッドとジムに遺体搬送用のストレッチャーを「押せ!」と、何故か2人とも巻き込まれ逃走が始まる。

ボビーは勝手に何処かへ逃走し、二人は何が何だかとにかくドサクサにこの逃走を成し遂げようと奮闘する。

取り敢えず小さな街で国境警備隊に身分を神父と偽った為、元々二人の神父を待っていた司祭が彼らをそれと勘違いし、教会に行く事になる、、😅

街の人達は神父様と呼び色々と話しかけて来て、警備隊の連中も十字を切るとバリケードを開け、神父という人間の信頼って凄いんだなあと感心してしまった。

 

ジムことブラウン神父がくじ引きによる抽選でスピーチをする役が当たってしまい、大衆の前での説教を促されるシーンがあり、今迄大衆の前で物事を伝えたり、生まれてこのかたそんな経験などとは一切無縁だった若いジムが即興でスピーチするのだが、だんだん熱入って来て力の入った渾身の説教には感動しちゃいました😄

 

映画って本当に凄いと思う、、😄

 

 

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No134 50/50

どもども、おのです😆

 

今日は2011年(米)ジョナサン・レヴィン監督の50/50を好き勝手書いちゃいます😄

酒もタバコもやらず、毎朝ジョギングして健康管理には気を使うラジオ局に勤務する27歳のアダム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット) は、ある日腰が痛いと病院で検査してもらうと、悪性神経鞘腫という脊髄癌ですぐに治療に入らないととても危険な状態だと告げられる。

突然の医師の宣告に何度も確認し、始めは動揺していたが、少しの時間でそれを受け入れ治療に挑む心の準備を整え帰宅し、ガールフレンドのレイチェル (ブライス・ダラス・ハワード)に自身の境遇を打ち明ける。

勿論彼女の負担にはなりたくないアダムは「このまま部屋を出て行っても構わない」と静かに話をする。

するとレイチェルは「傍に居させて」と力になりたがる。

そして会社の同僚で親友のカイル (セス・ローゲン)は5年後の生存確率が50/50だと聞くと「半分の確率なんてラッキーじゃないか」と最悪の事態では無いと強調し慰める。

そして一番の難敵、母親のダイアン(アンジェカ・ヒューストン)にこの事実を伝えなければならない。

話す前に「聞いても決して取り乱さず、冷静に」と念を押し、静かに話を始める。

しかし自分の子供が先立つ話を冷静に聞ける筈もなく、必死に冷静を装いながら「日本茶を入れるわ、日本茶には癌を予防する成分が、、」それにかぶせ気味にアダムが「もうかかっているから」その途端ダイアンは泣き崩れる。

そして彼の精神的苦痛を緩和しサポートするのが臨床心理療法士のキャサリン(アナ・ケンドリック)だ。

自身の置かれている立場を冷静に分析する力を持ったアダムだが、時にはイライラが顔を出し、時にはキャサリンにキツイ事を言ってしまう。

そんな心の乱れをも彼女はプロのセラピストとして受け入れ今の精神状態を説明し、こう考えたらどうだろうか?と提案しながら本気でアダムの病気と向き合い心でも克服する努力を持続する様に誘導していく良いセラピストだ😄

治療を続けるも病状は悪化、主治医から外科手術でしか助かる道は厳しいと告げられ、非常に難しい手術を受ける決意をする。

 

コメディって書いてあるんだけど、随分重いなあ、、😅

面白いとかいう映画では無く、人々の立場や心の動きが見所です😄

 

 

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No133 メン・イン・キャット

どもども、おのです😆

 

今日も猫出てくる映画で2016年(仏・中)バリー・ソネンフェルド監督のメン・イン・キャットを好き勝手書いちゃいます😄

トム・ブランド(ケヴィン・スペイシー)は自身が一代で築き上げた大企業ファイヤー・ブランドの社長である。

そんなトムだが、娘の誕生日に猫をせがまれ、毎年せがまれるこのオーダーを猫嫌いのトムはのらりくらりと胡麻化していた、、何とかならないかと役員達を招集し様々な意見を求めるも最終的には「買って差し上げたら?」って事に、、😅

そして誕生パーティーに間に合わせる為にレクサスのLFAをペット・ショップに走らせる😅

そのペット・ショップは猫だらけ、、😄

ちょっと薄気味悪いショップ店の主人フェリックス・パーキンスを(クリストファー・ウォーケン)が演じこのショップの雰囲気をより一層際立たせる、、😅

猫は魔物。中国などでは9回蘇るとされ、逆にトムの方が気に入られた猫ちゃんがサイベリアン・フォレスト・キャットの名前がMrモフモフ・パンツだって😅

ノルウェージャン・フォレスト・キャットと同種族とされるサイベリアンは極寒のロシアの気候で生き抜く力を持っており、マイナス70度を超えるこの土地でも大丈夫なんだそうです😄

ノルウェージャンと同種族のサイベリアンメインクーンに次ぐ大型猫で、7キロ越えは当たり前です😄

話を戻しファイヤー・ブランド・タワーなる北半球1番の高さを誇る自社ビルを建設しており間もなく完成披露という段階になってから、実は2番目だったという事で、一番に拘るトムは片腕社員に呼び出され、1番の高さにする提案を聞く為にビルの屋上へ行く。

説明の途中で落雷にあい、ショックでこの最上階から転落するが、途中の階の窓を突き破り一命を取り留めるも昏睡状態。

場面は猫目線になり昏睡状態のトムが救急車で運ばれるのを見ている。

そう、なんとトムはMrモフモフ・パンツになっていたのだ。

猫になって身の回りの人間達の本音や役員達の会社解体の目論み等を徐々に知り、Mrモフモフ・パンツは頑張るのであった、、😄

サイベリアンのシルバー可愛い😍

面白かったです😄

 

うちのにゃんこは3年目のメインクーンで現在9キロちょっと😄

メインクーンの成長は2年過ぎるとゆっくりで、骨格が完全に形成される迄5年かかるそうです😄

それまでは欲しがるだけご飯(ロイヤル・カナンのメインクィーン用)上げて毎日もりもり食べてます😄

 

 

映画について好き勝手書いちゃいます(^_-)-☆No132 ボブという名の猫/幸せのハイタッチ

どもども、おのです😆

 

今日は2016年(英)ロジャー・スポティスウッド監督のボブという名の猫/幸せのハイタッチを好き勝手書いちゃいます😄

過去、自身の家庭内で起こる様々な不満により精神的に不安定な主人公ジョー(ジェームズ・ボーエン)は薬物による現実逃避を選択してしまい、現在はその依存を断ち切る為にソーシャルワーカーのヴァル(ジョアンヌ・フロガット)の指導の下、ストリート・ミュージシャンで僅かな日銭を稼ぎ、更生する為の努力をしている。

薬物依存は先ずは摂取しない事は勿論なのだが、どうやらこれが簡単では無い。

禁断症状が出て苦しみ、摂取すればたちまち気分が高揚する。

そして切れると苦しみが襲い、、の悪循環、、😅

その魔のループから何とか脱し手助けしてくれるのがソーシャル・ワーカーの仕事である。

今迄何度もヴァルとの約束を破り同じ事を繰り返して来たジョーを根気強くサポートし続けホームレス状態の彼にアパートを与え人並みの生活を送る様に手配する本当に素晴らしいソーシャル・ワーカーだ😄

ある日ジョーがシャワーを浴びていると部屋の方から何やら物音がし、バスローブ纏って手には靴を持って見に行くと物音の主は可愛い茶トラちゃん😄

近所から抜け出して来たんだろうと、付近の人達に声を掛けるも飼い主やそれを知る人物はいない。

ジョーにやけになつくこの猫を仕方ないので「一晩だけ」と家で過ごし翌日も飼い主を捜すが一向にそれらしき家や人物とは接触できない。

多分もう少し長い付き合いになるであろうこの猫にボブと名付けそう呼ぶとなんだか嬉しそうでこっちもほっこり。

ジョーは仕事の為にいつものストリートに向かおうとするのだが、ボブが纏わり付いて離れないので、仕方なく連れて行く事にしていつもの様に歌う。

しかし今日はいつもとは違った。

道行く人々が愛らしい猫とペアになっているこのミュージシャンをとても暖かく見守りお金を投じてくる。

結構な”上がり”にボブはご飯を買って貰っておいしいおいしいって食べてた😄

 

ボブ本当にかわいい😆

猫好きならみなきゃ😄